お墓見学

postheadericon 信頼出来る弁護士

弁護士に遺産分割について依頼する場合には、信頼出来る人を選ぶことが重要になります。
信頼できるかどうかを判断するポイントとしては、受任する前にしっかりと相談にのってくれるかどうかや、料金について明示されているかどうかなどがあります。
実際に相談する場合でも、客観的に主張を整理し、論理的に相手側に主張してくれる人が信頼できると言えます。
また、相談についても一度ではなく、何度も時間を取ってしっかりと相談してくれる人も信頼出来ると言えます。
信頼できる弁護士に依頼することで、遺産分割の結果についても納得することが出来るのです。

お墓参り

postheadericon 円滑な遺産分割

遺産を分割する場合にトラブルとなった時には、法律に従うか裁判所による手続きに頼ることになりますが、自らが遺産の分割について主張するのは難しい場合があります。
実際に法律的な知識が手続きや自らの主張を行う場合に必要なことが多くあるため、法律の専門家に相談するという選択肢もあります。
通常は法律の専門家として弁護士が調停などにおいて代理人となり、自分の主張を行ってくれることになります。
このような専門家に相談して任せることで、自己の精神的負担を軽減することが出来るのです。

お墓購入

postheadericon 遺産の分割

人はだれでもいつかは死ぬことになります。
日本の平均寿命は世界でもトップレベルですが、だれかが亡くなった時には殆どの場合には遺産が発生します。
遺産については、不動産や現金資産などがありますが、通常は配偶者や子供などに分割相続されることになります。
このような遺産分割については、通常は当事者同士の協議によって決まるのですが、実際の協議において、分割内容が合意できない場合には、裁判所などの調停による場合もあります。

高価なお墓

postheadericon 具体的な対応策

弁護士に相談すれば、法的見地に立った様々なアドバイスを受けることができます。
弁護士から受けられるアドバイスとしては、当事者同士で遺産分割協議をする必要がないようにあらかじめ遺言書を作成しておくことや、弁護士を遺言執行者に指定しておくことなどが考えられます。
当事者間で遺産分割協議を行おうとしても、感情的になってしまう可能性がありますので、あらかじめ遺言書で遺産の分け方を指定しておく方法が有効です。
また、弁護士に遺産執行者になってくれるように頼んでおけば、相続手続きをスムーズに進めることが可能になります。

いいお墓

postheadericon 死後のトラブル回避

上述したような事情を持つ男性が死亡した場合、法定相続人は再婚した妻とその子供及び前婚の際にできた子供ということになります。
男性名義の預貯金の名義を変える際など、全ての相続手続きにおいて、前婚の際に生まれた子供の存在を無視するわけにはいきません。
しかし、男性自身であるならばいざ知らず、前婚の妻と再婚した妻が仲良く連絡を取り合っているようなことはまず考えられません。
ですので、再婚した妻や子供の負担を軽減してやりたいと考えているのであれば、生前に弁護士に相談しておくべきです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031